2018.11.24 (土) 18:00 –

半生命的素材とはなにか──バイオテクノロジーと芸術の融合がもたらす革新と危機──高橋洋介(金沢21世紀美術館)+川崎和也

Date

2018.11.24 (土)

WET / WEAR - FAB / FABRIC:対話編 
第1回「生命と衣服」半生命的素材とはなにか───バイオテクノロジーと芸術の融合がもたらす革新と危機
────高橋洋介(金沢21世紀美術館キュレーター)+川崎和也

『WET / WEAR - FAB / FABRICは、バイオクラブ・ディレクター石塚千晃とデザインリサーチャー川崎和也が主催する、バイオテクノロジーとファッションの交差によって生まれる新たな創造性ついて考察/実践するワーキンググループです。』

近年、地球環境資源に対する問題意識の高まりや生物工学・情報工学の発展を背景として、バイオテクノロジーとファッションデザインが急速に融合しています。クモ糸のタンパク質から作られた糸、キノコの菌糸体をペーストして作られた皮、色素をもつバクテリアによる染色など──────繊維工場の代わりにバイオラボで培養された素材を身にまとう近未来が現実味を帯びつつあるなか、「バイオ・ファッション・デザイン」は私たちの衣生活にとってどのような価値を生み出し、人間の身体にかかわる認識をどのように変化させるのでしょうか?
こうした複雑化する生命と衣服の関係を編み直すため、WET / WEAR - FAB / FABRICでは、「対話編」と「実践編」それぞれのプログラムにおいて、多様なアーティスト、デザイナー、研究者、企業人を巻き込みながら、「考えながら、作る」を実践していきます。対話編の第一弾である今回のトークイベントでは、9月に表参道・EYE OF GYREで行われた「2018 年のフランケンシュタイン───バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま」をはじめとしたバイオアートに関わる展覧会を手がけてきた金沢21世紀美術館キュレーター・高橋洋介さんをお招きします。高橋さんが提唱する「半生命的素材」を議論の皮切りにして、バイオマテリアルに関する倫理的・社会的・環境的な諸問題について議論しつつ、人間中心主義のパラダイムを超えた新たなファッションのありようについて模索していきます。

▼イベント概要
日時:11/24(土)18:00 – 20:00 (17:30 Open)
場所:FabCafe MTRL (東京都渋谷区道玄坂1丁目22−7 道玄坂ピアビル2階)  
参加費:1500円

申し込み::https://wetwearfabfabric1.peat...


▼プログラム
17:30 開場
18:00-18:40(40分) 高橋洋介さん 講演
18:40-18:50(10分) 休憩 
18:50-19:30(40分) 高橋洋介さん + 川崎和也によるクロストーク
19:30-20:00(10分) ワーク / 質疑応答

高橋洋介

1985年生まれ。金沢21世紀美術館アシスタント・キュレーター。東京藝術大学大学院美術研究科修了。青森県立美術館アソシエイト・キュレーターを経て2014年より現職。 金沢21世紀美術館での主な企画に「DeathLAB: 死を民主化せよ」(2018-2019)、「死なない命」(2017-2018)、「Ghost in the Cell: 細胞の中の幽霊」(2015-2016)など。最新の企画「2018年のフランケンシュタイン:バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま」が現在、表参道のGYREにて開催中。 主な講演に「超人間中心主義のルネサンス」(東京大学、2015)など。主な論考に「バイオファッションにおける半生命的素材の諸問題」『vanitas 005』(アダチプレス、2018)など。2018年、美術手帖1月号「特集バイオアート」編集協力。専門は、ポストヒューマン美学および超人間中心主義の芸術。

川崎和也

1991年生まれ。スペキュラティヴ・ファッションデザイナー/デザインリサーチャー。バイオテクノロジー、ウェアラブルテクノロジー、デジタルファブリケーションに依拠しつつ、ファッションが持つ未来志向・思索的な創造性を探求する実践をおこなう一方で、デザイン学としてのファッション研究を学術的に確立することを模索している。STARTS PRIZE 2017ノミネート、Wired Creative Hack Award 2017 特別賞、 YouFab Global Creative Award 2017 入賞のほか、オランダのダッチデザインウィークと南アフリカのデザインインダバより、2017年国際デザイン作品トップ20に選出。アルスエレクトロニカ東京イニシアチブより、テック・スキン・イノベータに選出。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム後期博士課程。日本学術振興会特別研究員(DC1)。