BioClubについて

バイオテクノロジーは目に見えにくいものでありながら、私たちの生活に密着していて生命観やライフスタイルに直結する影響を与えうる技術です。今まで無機物や機械を相手にしてきたテクノロジーやエンジニアリングに対し、有機的で生命的なものとの付き合い方を考えていくことが、バイオテクノロジーが社会の表層に浮かび上がるほどに今後求められていくでしょう。生活者がバイオテクノロジーを体感すること、それによって得られたリアルな感覚を多様な視点から議論すること。そして思いついたことを実行すること。BioClubはこの3つを軸に、研究者、クリエイター、企業、ホビイストなど、異なる分野に存在するサイエンスへの興味を持つ人々が集う場を提供し、様々な領域のプロフェッショナルと共働し、新たな視点を生み出すプラットフォームです。

BioClubについて

Activity

BioClub Weekly Meeting

BioClubではコミュニティメンバー主導のオープンミーティングを毎週火曜日に行っています。どなたでも参加可能です。スケジュールの詳細はFacebookをご覧ください。

日時:
毎週火曜日
19:00 – 21:00
場所:
FabCafe MTRL

BioClub Meetup

BioClubMeetupは、バイオテクノロジーのプロフェッショナル、クリエイター、企業、アカデミズムなど幅広い分野の人々をつなぎ、知識、ビジョン、アイディアを幅広い聴衆と共有することを目的としています。バイオとクリエイティビティが交差するイベントやプログラムを行っていきます。

BioClub Project

人々に広くバイオテクノロジーを実践する機会を与えるプログラムやBioClubのパートナーとのコラボレーションを行います。バイオ領域のレクチャープログラムやワークショップシリーズの開催、アーティストや企業と積極的にバイオテクノロジーの新たな利用方法の模索に挑戦します。

Open Wet Lab

Open Wet Lab

活動拠点であるFabCafeMTRLにはコミュニティに開かれたオープンウェットラボも併設しています。バイオベンチャーの入居やアーティストによる遺伝子組み換えバイオアート作品の展示など、社会にインパクトのある活動の拠点となっています。早稲田大学の岩崎研究室や経済産業省バイオテクノロジーセンター(NITE)へのヒアリングを行い、国が規定する遺伝子組換え体を扱う際の安全基準であるバイオセーフティレベルP1を満たしており、本格的な実験や研究が可能となっています。

Management

ファウンダー/ Founder

ディレクター / Director

アドバイザー / Adviser

パートナー / Partner