2018.11.20 (火) 19:00 –

BioClub Weekly: Ralo Mayer: Strange Ecologies, on Earth & Beyond

Date

2018.11.20 (火)

私たちが知っている限り、宇宙は死んでいて、ほとんど空です。 そして生態学はすべて人生に関するものですよね? この共通の概念にもかかわらず、宇宙と生態学は多面的な共通の歴史を持ち、おそらくは共通の未来もあります。 彼のプレゼンテーションでは、オーストリアのアーティスト、Ralo Mayerは、1990年代初めにアリゾナで独特の閉鎖生態系であった生物圏2に関する長期的な研究を含め、いくつかの研究を通じてこれらの関係を追跡します。 巨大な温室は未来の宇宙コロニーのためのテストでした、そしてその乗組員は独学のDIY科学者を含んでいました。 奇妙な事実と幻想的なフィクションの間で、Raloの作品は生物圏2、トランプ行政、E.T.、および自然と文化の分断を超えた生態学的メッシュの無数の俳優を結びつけます。

For all we know, outer space is dead and mostly empty. And ecology is all about life, right? Despite this common conceptions, space and ecology have a multifaceted shared history, and most probably also a common future. In his presentation, Austrian artist Ralo Mayer will trace these relations through some of his works, including his long-term research about Biosphere 2, a unique closed ecological system in Arizona in the early 1990s. The giant greenhouse was a test for future space colonies, and its crew included self-taught DIY-scientists. Between strange facts and revealing fiction, Ralo’s works connect Biosphere 2, the Trump administration, E.T., and countless other actors in an ecological mesh beyond the nature-culture divide. 

About Ralo Mayer

Ralo Mayerはウィーンに拠点を置くアーティスト、映画制作者、研究者です。彼の作品は、「現代史の生態学」を描き、自然と社会の関係を崩壊する二分法として探求している。スペースシャトル、人工生態系、ポストフォルミズムとデジタル文化の日常生活は過去の未来と今日のサイエンスフィクションのメッシュに織り込まれ、インスタレーション、映画、テキスト、パフォーマンスのクロスメディアアンサンブルに変換されます。彼の芸術的実践は、演劇的研究と呼ばれるものに基づいています。これは、スクリプト、ロール、小道具などの劇的な手段を採用した知識生産のプロセスアプローチです。
2003年から2008年まで、Raloは自己組織化マノアフリー大学の共同設立メンバーであり、モデルのパフォーマンスについての継続的な研究シリーズを開始しました。 2007年以来、彼は実験 "生物圏2"について、SciFi小説「The Ninth Biospherian」の翻訳メディア翻訳に取り組んでいます。彼の芸術的な研究博士号プロジェクト "Space Un•Settlements"の枠組みの中で、彼は宇宙での未来の人生のための実験とデザインの相互関係を調査しています。
現在、Ralo Mayerはオーストリアの連邦居住プログラムのアーティストとして在住しています。
http://was-ist-multiplex.info

Ralo Mayer is an artist, filmmaker and researcher based in Vienna. His works delineate “ecologies of contemporary history”, exploring the relation of nature and society as a collapsing dichotomy. Objects like space shuttles, artificial ecosystems, the everyday life of post-Fordism and digital cultures interweave into meshes of past futures and today’s Science Fiction, which he translates into cross-media ensembles of installation, film, text, or performance. His artistic practice is based on what he calls performative research, a processual approach of knowledge production that employs dramatic means like scripts, roles and props.
From 2003-2008 Ralo was a co-founding member of the self-organized Manoa Free University, where he also started the continuing research series of HOW TO DO THINGS WITH WORLDS on the performativity of models. Since 2007 he has been working on transmedia translations of the SciFi novel „The Ninth Biospherian“ about the experiment “Biosphere 2”. In the framework of his artistic research PhD project “Space Un·Settlements”, he investigates the interrelations of experiments & designs for future life in space and rather earthly realities here, on our planet.
Currently, Ralo Mayer is artist-in-resident of the Austrian federal residency program in Tokyo. 
http://was-ist-multiplex.info

Language: English
Entrance: Free
See you at the talk, Georg Tremmel

About BioClub

BioClub is a independent Bio Community Bio, kindly co-located with FabCafe MTRL.

バイオクラブはウィークリーミートアップをDIYバイオ、バイオハッキング、オープンサイエンスやバイオアートに興味がある方のために毎週開催しています。