2017.12.19 (火) 19:00 –

BioClub Weekly : cellF / Neuron synthesizer

今週のWeeklyMeetingはゲストに実験音楽やジャス音楽の世界で活躍するミュージシャンでもあり、世界初の脳神経細胞の活動を利用したシンセサイザー、’cellF’の共同制作者であるDarren Mooreと、cellFの制作中心人物であるSymbioticAのGuy Ben-Aryを迎え、ミュージシャンの立場、バイオアートの立場双方からcellFについてお伺いします。*Guyはオーストラリア・パースからリモートで参加します。

We invited Darren Moore, co-producer of synthesizer "cellF" that used the world's first cranial nerve cell activity, and Guy Ben-Ary of Symbiotic A, who is the core figure of 'cell'F' s creation.it will be able to hear about cellF from both the bioart and musician.
* Guy participates remotely from Perth, Australia.

'cellF'
cellFは、Guy Ben-Aryの細胞由来の世界初の神経シンセサイザーです。それは本当の "ウェットアロッグ"シンセサイザーです。 cellFの「脳」は、ペトリ皿の中で成長する生物学的ニューラルネットワークで作られており、ニューラルネットワークとの相乗作用でカスタム化されたアナログモジュラーシンセサイザの配列をリアルタイムで制御します。完全に自律的であり、ウェットなアナログ楽器です。2012年、Guy Ben-Aryは彼の腕から摘出した皮膚細胞をSymbioticAの実験室で誘導多能性幹細胞技術を用いて幹細胞に変換しそれを神経幹細胞になるまで分化させ、多電極アレイ(MEA)皿上で神経ネットワークに完全に分化させました。これはいわば彼自身の「外的脳」といえるものです。8×8電極のグリッドによってニューロンが生成する電気信号(活動電位)を記録、また送信することができ、本質的に「脳」に対する読み書きができるインターフェースです。2015年に東京在住の実験的なジャズドラマー・Darren Moorを相手に迎えcellFの世界初演となる即興ライブを行いました。彼の音楽は電気刺激としてcellFのニューロンに供給され、ニューロンはシンセサイザーを制御してサウンドを応答し、即興のポストヒューマンサウンドを演奏しました。
http://guybenary.com/cellf
cellF is Guy Ben-Ary’s self-portrait but also the world’s first neural synthesizer. It is a real “wet-alogue” Synthesizer. cellF’s “brain” is made of a biological neural network that grows in a Petri dish and controls in real time an array of analogue modular synthesizers that were custom made to work in synergy with the neural network. It is a completely autonomous, wet and analogue instrument.

予約不要
Darren Moore

オーストラリア、ロンドン、シンガポールでの演奏活動を経て現在東京在住のオーストラリア人プロドラマー。1997年にジャズ音楽学科でジャズドラムを学び学士号を取得。ロンドンでジャズドラマーとして活動した後、2006〜2015年の9年間シンガポールのラサール芸術大学でポピュラー音楽とジャズ音楽の学士課程の教員として教鞭を取りながら、南インドのカルナータカ音楽とドラムセットの融合という研究で博士号を取得。ヨーロッパから東南アジアまで幅広く演奏活動を行っている。CellFの共同制作者。 Darren Moore is an Australian drummer, electronic music based in Tokyo, Japan. He performs regularly on drum set and modular synthesizer in predominantly in the fields of jazz, experimental and improvised music styles. Darren has performed extensively in Australia, South-East Asia, Japan and Europe. He completed his Doctorate of Musical Arts at Griffith University in Brisbane Australia in 2013 which looked at the adaptation of Carnatic Indian rhythms to drum set.

Guy Ben-Ary

オーストラリア・パースに拠点を置くアーティスト/研究者。西オーストラリア大学内の生命科学の芸術的実践を行う研究室であるSymbioticA所属。科学とメディア芸術を越えたバイオテクノロジーアートワークを専門としています。 ガイの作品は、北京国立美術館からサンパウロビエンナーレ、モスクワビエンナーレ、ニューヨーク近代美術館など世界各地にて展示されています。彼の作品cellF&Silent Barrage はArs Electronica Prix(2017、2009)、Art and Artificial Lifeの重要な国際コンクールであるVIDAでも受賞しています。 Guy Ben-Ary had a biopsy taken from his arm, then he cultivated his skin cells in vitro in the labs of SymbioticA at UWA, and using Induced Pluripotent Stem cell technology, he transformed his skin cells into stem cells. When these stem cells began to differentiate they were pushed down the neuronal lineage until they became neural stem cells, which were then fully differentiated into neural networks over a Multi-Electrode Array (MEA) dish to become - “Ben-Ary’s external brain”.In its world premiere (On October 4th, 2015) cellF jammed live with Darren Moore, Tokyo-based experimental jazz drummer, in a unique improvisation. His music was fed into the neurons as electrical stimulations and the neurons responded by controlling the synthesizer, creating an improvised posthuman sound piece.cellF is a collaboration between artists Guy Ben-Ary, Darren Moore, Nathan Thompson and Andrew Fitch, and scientists Stuart Hodgetts, Mike Edel and Douglas Bakkum.

予約不要

event